読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫌になったところは、好きだったところ

恋愛

f:id:rushlife0214:20170225210736j:plain

 

何をしていても、何をしていなくても自然とずっと考えてしまう

 

特別なイベントでもなんでもないのことにも、特別に感じたり

 

ずっと一緒に居たくなって

 

会える、会えないで喧嘩になったり

 

こんな日々が本当にずっと続くと、続いて欲しいと思い、願ったり

 

でも、終わりが、別れがきてしまう。

 

気づいていても、気づいていなくても

 

お互いにそのサインはある。

 

お互いの必要とする人生のピース

 

今の課題のピースは月日と共に

 

どうしても変わってしまうからなのか?

 

初めは分からなかったり、気がつかなった部分というのは

 

良くも悪くも誰と付き合っていても出てくるものなのです

 

理屈だけでは説明できない好きが惹かれ合うものが魅力が

 

それを隠してしまっているとは思うのですが

 

見つけてしまっても

 

それを許せる、受け入れることが出来る

 

友達とネタとして笑い飛ばしている

 

好きは嫌な部分も含めて好き

 

月日が経っていくと、もちろん愛情も深まりますが

 

見えてきた部分により、愛情が小さくなることもあります

 

愛情が小さくなると

 

その受け入れられた、許せた、笑い飛ばせていた部分が

 

そのまま刃となり

 

受け入れられず、許せず、イライラしてしまい

 

許容範囲をを越えてしますからです

 

欠点なんていくらでも見つけ上げられますよね

 

好きな人なら尚更

 

そこが好きになった、魅力に見えた部分でもあるのですから

 

ここで別れる人と

 

許容範囲を超えて、自己犠牲で続けていく選択もありますが

 

この先には、よく聞く

 

疲れちゃったです笑

 

そりゃ疲れますよね

 

頑張れば誰だって

 

だって頑張っているんだもん笑

 

相手のを自分の都合のいいように変えるようとする人もいます

 

許せない、受け入れられない時点ですでに愛情なんかないのですが笑

 

自分に自信がない人ほど、耐えて耐えて耐えまくる、ドM

 

自傷好きな、自己犠牲の上に成り立つパートナーを恋愛を

 

求めたり、しているようにも思います

 

この話は長くなりそうなのでまた今度

 

何故かはわかりませんが

 

結構と言いますか、かなり恋愛相談されるんです笑

 

成就勝率もいいんですよ笑

 

 

 

コンタクトはこちらから

Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100011720886207

Twitter:遠藤 隆行(@rush_life_0214)さん | Twitter

LINE@:https://line.me/R/ti/p/@kvg3703q